加齢臭対策

習慣から改善しよう

加齢臭や体臭といった言葉だけなら見聞きするでしょうが、これらの具体的な違いを把握している方は多くありません。
まず、体臭は汗と雑菌がミックスされることで体から放たれる臭いのことを言います。
このことにより、加齢臭も当然、大まかには体臭に分けられることになります。

 

例えば、体を動かした後などに、汗臭いと感じたことはないでしょうか。
体臭にはこれが該当しますが、体臭の中にこれまでにない不快な臭いを感じ取るようなことがあるなら、加齢臭が引き起こされていると判断できます。
加齢臭については、汗の臭いには感じない嫌な臭いを放ちます。

 

ロウソクや古本などと言った臭いに似ていると表現され、部屋に馴染むと取り除くのが難しくなります。
体臭と加齢臭は前提として異なる発生までのプロセスを持っていますが、体の中から放たれているという部分では一緒です。

 

これにより、生活サイクルや食生活の改善に取り組むことで、加齢臭や体臭を軽くすることができます。
自分では加齢臭が起こっていることを確認できずに、傍にいる人が嫌な気持ちになってしまっていることも多々あります。
加齢臭と体臭を一緒くたにしている方もいますが、嗅ぐほうの視点に立ってみると気分が悪くなるのは加齢臭です。

 

体臭については、衣服や体が不潔にならないように気を付けることで良くすることができます。
一方これが加齢臭となると、懸命に石鹸を用いて体を擦っても臭いに対する効果は期待できないのです。

 

加齢臭を弱体化させるには、臭いを引き起こすノネナールという原因物質を産生させない取り組みが必要不可欠です。
そのためには、まずは生活習慣を改善することから始めましょう。
煙草やお酒の他にストレスなども臭いと密接な繋がりがありますから、充分に警戒しましょう。