加齢臭対策

加齢臭とおやじ臭

加齢臭というワードは、最近まで普及していなかった言葉です。
「おやじ臭」というのがポピュラーだったのですが、今では加齢臭というほうが伝わりやすくなっています。

 

加齢臭に対して、中高年期に足を踏み入れた男性から漂っている臭いと決め付けている方も中にはいることでしょう。
とはいえ加齢臭は中高年の男の方のみに見られる臭いではなく、若い世代であっても漂わせるかもしれないのが加齢臭なのです。

 

ノネナールという加齢臭の原因成分については、基本的に40代くらいからたくさん産生されることになります。
しかしながら、比較的低年齢であってもこのノネナールの量が多く作り出される方が少なくないのです。

 

これを照らし合わせてみると、本当に加齢臭かどうかは、単純に年齢からではなくノネナールが多いか少ないかということになります。
たばこの本数や酒の量なども関係しており、肉類を主役にした食生活が当たり前になっていることも嫌な臭いの元になるとされています。

 

これらのことにストレスの蓄積や運動の習慣がないといったようなことがプラスされると、20代であっても充分に加齢臭を生じる可能性があります。
加齢臭とは関係が無いと思っていても、そう遠くない将来に引き起こしてしまうかもしれません。

 

歳と加齢臭については、関連性がないと言っても言い過ぎではないでしょう。
長期間に渡って加齢臭を出さずに済ませるには、生活リズムの乱れをなくすようにし、食生活の乱れもなくすことが必須条件となります。

 

頻繁に外食をするような方は、改善に取り組むことが望ましいでしょう。
以前から加齢臭が気になっている方も、食生活の改善を図るのが先決と言えるでしょう。
中高年期の方に多く見られると言われる加齢臭ですが、自分はまだ若いからと慢心することがないように気を付けましょう。